language language
Global
search

環境対応

石炭ガス化関連技術

石炭は、石油や天然ガスに比べて豊富で安価な化石資源ですが、利用時に環境負荷の高い炭酸ガス(CO2)や硫黄分などを排出します。
クリーンコールテクノロジー(CCT)は、石炭を高効率およびクリーンに利用し、このような環境負荷の高い物質の排出を低減する重要な技術です。
特にガス化プロセスはエネルギー変換効率が高く、発電や化学品原料製造向けの利用拡大が期待されています。

石炭ガス化プラントフロー例

特徴

千代田の石炭ガス化技術は、以下の特徴を有しており、お客様のニーズに合わせた最適なシステムを提供します。

  • 石油や天然ガスの精製や変換プラント設計・建設の豊富な経験を活かして、石炭利用効率の最大化と環境影響を最小化するプラント技術を提供します。
  • 化学プラント建設の分野で豊富な実績と技術を有しており、石炭ガス化により生産した合成ガスから化学品原料を製造する最適なプロセスを構築します。
  • 天然ガス精製プラントの炭酸ガス分離回収設備の設計・建設に多くの実績を持っており、温暖化対策に向けたCCUS(CO2 Capture, Utilization and Storage:炭酸ガス分離回収・有効利用・貯留)設備建設に対応可能です。

適用可能な範囲

安価な低品位炭(亜瀝青炭、褐炭など)を燃料や原料とする環境配慮型発電や化学品製造に適しています。

主な実績

これまで、数々の石炭ガス化による合成天然ガス、尿素、メタノールなどの化学品製造や発電の事業化調査を実施してきました。