トップメッセージ

写真

2021年6月23日開催の定時株主総会の承認を受け、当社の新経営体制が正式に発足致しました。

2019年5月に中計経営計画「再生計画~再生と未来に向けたビジョン~」を発表後、計画の前半2年間では、財務基盤の健全化、人財開発基本方針の策定、ガバナンスの見直し、リスク管理体制の高度化、プロジェクト遂行力強化など再生と成長に向けた岩盤作りを進めてきました。事業遂行においても、当社グループの技術力を結集、重要案件に経営資源を集中投下して、北米LNGプラント2案件の商業運転開始、米国及びインドネシアでの大型LNG案件等の着実な遂行とともに、カタールでLNG大型増産プロジェクトを新規受注するなど着実に成果を積み上げています。

当社グループを取り巻く事業環境は、脱炭素社会への移行の加速、低炭素・再生可能エネルギーの更なる普及により大きく変化しています。当社グループではこうした事業環境の変化を先取りして、当社の未来を拓く分野への展開を経営の重点施策の一翼と位置付けて来ました。本年5月には中期経営計画をアップデートし、当面の安定収益を支える既存事業の深化と、当社の未来を拓く新規事業探索・深耕の双方を進めることとしています。脱炭素社会への移行を、創業以来培ってきたエンジニアリングの知見と水素チェーン事業をはじめとする高い技術力で加速し、カーボンニュートラルの達成に貢献することで持続的な成長を目指します。

既存事業で確実に収益を確保しながら、再生可能エネルギー、水素、炭素循環、医薬・ライフサイエンスなどの新規事業を強化し、デジタルトランスフォーメーションを通じたビジネスモデルの付加価値向上を図ると共に、安定的な収益基盤を確立し、更には企業価値の一層の向上を目指してまいります。

当社グループは、新体制の下で、これまで培ってきた知見と、エンジニアリング総合力と社会実装力を最大限活用して、中期経営計画を着実に進めると共に、社会課題の解決に挑戦し、当社の経営理念である「エネルギーと環境の調和」に役職員一同邁進することで、持続可能な社会の発展に貢献してまいります。

ceosign
代表取締役会長 CEO 榊田 雅和

sign_j06.jpg

代表取締役社長 COO 山東 理二