language language
Global
search

トップメッセージ

写真

2019年6月25日開催の定時株主総会の承認を受け、当社の新経営体制が正式に発足致しました。

今年度は、大幅な赤字を計上した2018年度決算を踏まえ、リスク管理体制の強化とEPC遂行能力向上を目指した組織・人事改革などを骨子とする「再生計画~再生と未来に向けたビジョン~」を実行し、再生に向かう最初の年になります。

千代田グループは「エネルギーと環境の調和」を経営理念に掲げ、70年以上にわたりエンジニアリング会社として事業を継続してまいりました。その間、国内外でLNG、ガス、石油、化学、各種産業設備や医薬、再生エネルギー設備等の設計・建設を行い時代と地域の要求に応じた最適なインフラを提供し、社会の発展に貢献してまいりました。

また、近年、国際社会を取り巻く社会問題や環境問題が複雑化する中、事業環境の変化を即座に捉え、グローバルな課題に積極的に取り組むことが企業に対し、強く求められるようになっています。2015年に国連で採択されたパリ協定やSDGsはこうした課題に対する世界共通のゴールであり、エンジニアリング企業として技術と情熱で地球環境の未来と持続可能な社会の発展に資することが千代田グループに課された使命だと考え、事業を行っております。

千代田グループは、新体制のもとで着実に再生を果たし、多様化するエネルギー需要に対応し、持続可能な地球環境社会の実現に貢献してまいります。

sign_j06.jpg


代表取締役会長 CEO 大河 一司

sign_j06.jpg

代表取締役社長 COO 山東 理二