language language
Global
search

環境対応

燃焼排ガスからのCO2分離回収貯留(CCS)

地球温暖化対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を火力発電所の燃焼排ガスから回収する技術開発が求められており、特にCO2発生量の多い石炭火力発電所を中心として世界各国で精力的に進められています。
この技術はCCS (Carbon dioxide Capture and Storage)と呼ばれています。 CO2を分離回収し地中や海洋に貯留するにはエネルギーが必要ですが、そのエネルギーが多大では地球温暖化対策として効果的ではありません。従って、分離回収・貯留エネルギーの低減が非常に重要な技術開発課題となっています。
千代田はクリーンコールテクノロジー(CCT)の一環として、CCSに取り組んでいます。

CO2を分離回収する方法は次の3通りがあります。

  1. 化学吸収法
  2. 物理吸収法
  3. 膜分離法

燃焼排ガスはCO2濃度が低く、また圧力が低いため、「化学吸収法」が適していると言われており、千代田はこの化学吸収法に着目し、発電所全体のエネルギー効率が高いCO2分離回収装置の実用化に取り組んでいます。また、日本CCS調査株式会社に参画し、CO2の貯留に関する調査研究にも注力しています。