language language
Global
search

Courtesy of INPEX Operations Australia Pty Ltd

イクシスLNGプロジェクト (第1系列、第2系列)

顧客:

INPEX Operations Australia Pty Ltd.

生産能力:

年産445万トン x 2系列

場所:

オーストラリア連邦北部準州ダーウィン市

業務範囲:

E.P.C.

    

日豪両国の関係を一層強化

国際石油開発帝石株式会社(INPEX)が推進するイクシスLNGプロジェクトは、世界最大規模の複合的な石油・ガスプロジェクトです。本プロジェクトは、西豪州沖合の世界最大級かつ最先端の洋上生産設備、ダーウィンの大型LNGプラント、そしてその2つを結ぶ全長890kmの海底ガスパイプラインの三つの主要施設で構成されています。

JKCオーストラリアLNG社は、LNGプラントのEPCコントラクターです。JKCは日揮株式会社、米国KBR社および千代田で形成されるジョイントベンチャーです。

LNGプロジェクトの業務範囲には、2系列のLNG液化プラント、貯蔵タンク、出荷設備、コンバインドサイクル発電所、その他ユーティリティー、住宅の建設が含まれています。

日本政府はエネルギー安定供給および天然ガス供給元の多様化のため、本プロジェクトを日本のエネルギー政策を担う最重要案件と捉えております。

本プロジェクトはオーストラリア連邦政府から主要促進プロジェクトとして認定され、日豪両国の関係を一層緊密にするプロジェクトとして期待されています。

千代田並びにJVパートナーである日揮株式会社、KBR社は、LNGプラント建設において国際的に高い評価を受けております。

本プロジェクト完成後は、生産されるガスがガス輸送パイプラインを通じてLNGプラントへ輸送され、以下3種類が生産されます。


・液化天然ガス(LNG)
・液化石油ガス(LPG)
・コンデンセート(ガソリンなどの石油化学原料に用いられる液体)

    

Courtesy of INPEX Operations Australia Pty Ltd