language language
Global
search
  • Home >
  • プロジェクト >
  • 長崎・CIS薄膜太陽電池の大規模太陽光発電所(メガソーラー)

写真提供:長崎ソーラーエナジー合同会社

長崎・CIS薄膜太陽電池の大規模太陽光発電所(メガソーラー)

顧客:

長崎ソーラーエナジー合同会社

生産能力:

約29,600キロワット

場所:

長崎県

業務範囲:

E.P.C.

完工年:

2016

    

地元と連携した地域貢献性の高いプロジェクト

ソーラーフロンティア株式会社と株式会社チョープロにより設立された長崎ソーラーエナジー合同会社による「長崎空港隣接地(大村臨海工業用地他)におけるメガソーラー設置・運営事業」は、長崎県で最大かつ、国内有数の規模となります。

千代田は空港滑走路に隣接したメガソーラーの設計・調達・建設(EPC)業務を、ソーラーフロンティア株式会社は光の反射が航空機の運航に影響を与えない防眩性をもつCIS薄膜型太陽電池モジュールの供給を各々担当しました。

大阪航空局長崎空港事務所のご要望にお応えするべく、航空機の離着陸による高さ制限等に配慮し、細心の注意を払って施工しました。発電した電力は約10キロメートルの敷設海底ケーブルを経て、九州電力株式会社様のもとまで供給されております。

長崎県に加え、地域のエネルギー供給者である株式会社チョープロも参画する本プロジェクトへの取り組みを通じ、地元と連携した地域貢献性の高いプロジェクトと位置づけております。

* 現在、長崎ソーラーエナジー合同会社は昭和シェル石油株式会社、株式会社チョープロの二社で構成されております。