language language
Global
search

ガス精製設備

Courtesy of Shell

酸性ガス除去プロセス

原料天然ガス中のH2S, CO2や有機硫黄(メルカプタン、COS等)を除去し、LNGの液化工程やセールスガスの規格に合うよう処理するプロセスです。吸収塔内にて原料ガスにアミンを向流接触させ、それら除去すべき成分をアミンに吸収させ処理します。AGRは湿式のプロセスであるため、後段にモルシーブ(分子篩)による脱水工程が必要です。また、プロセスによっては有機硫黄除去ができないので、モルシーブにその機能を持たせることもあります。

特徴

  1. 千代田はShell Global SolutionsのSulfinolプロセス、ADIPプロセスのauthorized licensorで、数多くのShellプロセスの設計・建設の実績を積み重ねています。
  2. 新型のShell AGRプロセスSulfinol-Xに関しては、AGRに求められる酸性ガス、有機硫黄の除去を一本の吸収塔で実現でき、後段に有機硫黄除去の機能は不要です。化学吸収剤と物理吸収剤と組成・配合見直しにより、従来のSulfinol-Dにあった炭化水素のco-absorptionが多い問題は解決されました。今後の採用が大いに期待されます。
  3. 千代田はShellプロセスだけではなくBASF、UOP、Prosernat等のAGRプロセスの設計・建設経験を積んでおり、どのAGRプロセスにも充分に対応可能です。

LNGにおける原料ガスの組成は主としてメタン(CH4)、エタン(C2H6)、プロパン(C3H8)が含有されており、同時に0~15%のH2Sや、0~10%のCO2が含まれます。また、有機硫黄(メルカプタンなど)が含まれる場合もあります。千代田では原料ガスに合わせた最適なアミンを選択することが可能です。

主な実績

概要 :

EPC

地域 :

カタール

概要 :

EPC

地域 :

パプアニューギニア

写真提供 :

エクソンモービルPNG社

概要 :

EPC

地域 :

アメリカ合衆国