language language
Global
search

Project Lifecycle Engineering事業

Courtesy of Sakhalin Energy Investment Co., Ltd.

試運転(Commissioning)

プラントの建設が完了した後、商業運転の前に試運転が行われます。試運転活動は、プラントが設計およびプロジェクト仕様に従って動作することを確認することを目的としています。千代田は、試運転の達成は顧客満足と利益に直接結びついているため、試運転業務はプロジェクトの最も重要な任務であると考えています。

試運転は、幅広い経験と技術知識によって開発された複雑な能力を必要とする高度に専門化された分野です。必要な能力には、新しく開発されたプロセスの知識、プロジェクト管理とリーダーシップ、分析能力の技術が含まれます。これらの能力は、試運転や始動時の効果的な計画、実行、制御、トラブルシューティングに不可欠です。千代田は、そのような活動を適時、安全かつ費用対効果の高い方法で成功させた経験を豊富に持っております。

最近、千代田では、詳細設計、施工、試運転などの過去のプロジェクトで学んだ教訓を含め、品質管理プログラムの新しいコンセプトに基づいて設立されたアンインターラプティッドスタートアップ(Uninterrupted Start-up Program、UISU)という新しいプログラムを適用しました。

綿密な試運転計画

エンジニアリング設計とプラント運転の両方に精通した専門家による試運転計画を準備します。

アンインターラプティッドスタートアップ(Uninterrupted Start-up Program)プログラムの実施

千代田のノウハウと技術と数十年の経験を生かし、シームレスなプラント立ち上げを保証します。

エンジニアリングから試運転までの継続性

千代田では、設計に関わるエンジニアリング専門部門も工事現場での試運転に参加して取り組むことで、試運転遂行時、問題を柔軟に解決します。