language language
Global
search

Project Lifecycle Engineering事業

Courtesy of Sakhalin Energy Investment Co., Ltd.

事業計画

これから事業を計画されるお客様への計画立案・検討をお手伝いします。

マスタープランニング

完成したパプア・ニューギニアのLNGプラント
写真提供:エクソンモービルPNG社

千代田はプロジェクトの創出と実現の為に、お客様のお手伝いをします。プロジェクト創出のために、最先端の技術と過去の豊富な経験に基づき、お客様の利益が最大になるような提案を行います。また提案の過程においては、最適な採算性を目指し、様々な条件をお客様と共に検討してまいります。

このサービスはLNG、石油精製、石油化学プロジェクトばかりではなく、一般産業の生産設備も対象としています。設備のエネルギーシステム全てに対して、最小の投資で最大の利益を上げるといったプロジェクトの採算性に加え、社会環境にとっても最適となる提案を行います。また近年では、温暖化対策として注目されているCCS*にも取組んでいます。

  • CCS (Carbon dioxide Capture and Storage)

フィージビリティ・スタディ(FS)

企業が新しい事業を推進する際、概念設計と呼ばれるその事業の大よその姿を描く作業を行い、そこで出来上がった青写真に基づいて様々な角度から事業採算性の有無を検討するフィージビリティ・スタディ(Feasibility Study=事業可能性検討、FSと略されます)を実施します。フィージビリティ・スタディは通常何段階にもわたって行われ、徐々にその検討精度を上げて行き、最終的に採算性が高い判断されると事業化が決定されます。
千代田は様々な分野の豊富なプラント建設の実績に基づき、フィージビリティ・スタディの初期段階から、市場調査に始まり、生産プロセスの選定、プロセス・ユーティリティ設備の最適構成の検討、設備費・運転費の算出を行い、プラントライフサイクル全体から見た最適な経済性の高い設備計画を提案します。

千代田の実施するフィージビリティ・スタディは

  • お客様のニーズに合ったプロセス選定とその最適な設備構成の提案
  • 数多くの建設実績データに基づいた精度の高い建設コスト推算
  • 経験豊富なエンジニアと豊富なデータに裏付けされた効率的な検討

を特徴としています。

プロセス開発支援

- スマートスケールアップエンジニアリング -

商業プラントには、タイムリーな商業化、最適な商業生産規模、製造コストの最少化、高品質製品の効率的な生産、高い信頼性などが要求されます。
千代田は、研究開発段階のアイデアを商業プラントに導くために必要な様々な技術を整理・体系化し、さらに世界に先駆けて新しい解析技術を導入しながら、より効率的な商業化支援手法を開発・発展させてきました。「研究開発のスケール」から「商業生産スケール」のプラントをお客様の立場に立って合理的に組み上げる総合技術、それが千代田の「スケールアップ・エンジニアリング」です。
この「スケールアップ・エンジニアリング」で、千代田は創業以来今日まで、石油、石油化学、化学など幅広い分野で、お客様の開発した技術を実際の商業プラントに導くことに協力してまいりました。その数、100件以上にも達しています。今後も、お客様のニーズを理解し、お客様のお持ちのシーズの潜在的輝きを最大限に発揮できるような「スケールアップエンジニアリング」を提供し、お客様のご期待に沿っていきたいと考えています。

スケールアップ・エンジニアリング

「研究開発のスケール」から「商業スケール」のプラントをお客様の立場に立って合理的に組み上げる総合技術

スケールアップ・エンジニアリングの手順