language language
Global
search

合成ガス利用技術

Courtesy of Sipchem, Methanol Plant

CO2リフォーミング技術

CT-CO2AR® Chiyoda CO2 Reforming Technology

CT-CO2AR®(シーティーコア)技術は、二酸化炭素を原料とし、幅広いH2/CO比の合成ガスを高効率に製造する革新的技術です。

本技術により、炭酸ガスを含む低品位の天然ガス田開発や、各種プロセスから排出される炭酸ガスの有効利用が期待されます。

合成ガスは多岐にわたる化学品(オキソ合成、MMA、酢酸等)の原料ガスであり、本技術ではCO2を原料として用いることに加え、独自開発のリフォーミング用触媒を用いることでエネルギー効率の高い条件での運転が可能です。その結果、排出炭酸ガスを大きく削減することが可能であり、地球に優しい環境調和型の技術と言えます。

特徴

独自開発触媒による最適条件下での合成ガス製造

独自開発による耐コーキング性に優れた触媒を用いることで、従来の触媒では不可能であったエネルギー効率の高い条件下において、炭素析出を回避しつつ長期間に渡る安定した合成ガス製造を可能としました。

高いエネルギー効率と優れた経済性

例えば、 CT-CO2AR®技術では既存技術に比べ、オキソ合成等に適したH2/CO比が1.0の合成ガスを一定量製造するための原料供給量を、およそ60%削減することができます。このエネルギー効率改善に伴い、設備費、運転費及びCO2排出量が大幅に削減されます。また、設備費は既存技術と比較すると、H2/CO比が1.0の合成ガス製造の場合は20%以上、H2/CO比が0.5の合成ガス製造の場合には40%以上も削減することができ、経済的にも非常に優位性の高いプロセスです。

適用可能な範囲

幅広いH2/CO比の合成ガスを直接製造

天然ガスをCO2及びH2Oでリフォーミングする際に、原料との比率を変えることで、幅広いH2/CO比の合成ガスをエネルギー効率よく直接製造することが可能です。オキソ合成向けのH2/CO比が1.0の合成ガス、或いは酢酸製造用のCO製造など多岐に渡る下流のプロセスへの適応が可能です。