language language
Global
search

AIソリューション事業

Big Data/IoT/AI/ロボット技術 - 千代田AIソリューションの展開

  • 千代田の技術力+最先端AI技術=次世代へ向けた新たな技術開発
  • プラントライフサイクルにおける顧客への新たなAIサービス展開
  • AIによるエンジニアリング技術の更なる高度化


千代田はビッグデータ解析技術及びAI(人工知能)技術を用いた各種プラントの運転・保全支援による顧客プラント資産の価値最大化を目的として、2016年10月に「AIソリューションユニット」を設立しました。また、同年12月に株式会社グリッドと、「プラントライフサイクル全般におけるプラント最適化に向けたAI技術の活用・開発」の業務提携契約を締結しました。それにより、高度なプラントエンジニアリング技術と最先端AI技術の融合が可能となりました。既にAIシステムを活用したプラント運転最適化や設備の信頼性向上の実証確認を開始しており、今後本格的にビジネス展開をしていきます。

千代田のAIシステムへの取組みの歴史は長く、1980年代のエキスパートシステムに始まり、ニューラルネットワークを自社開発するなど、最新技術のプラントへの適用を目指した継続的な取組みをしてまいりました。また近年ではビッグデータ解析の有効性実証のため、発電プラントの排煙脱硫装置において、機器の経年劣化を対象とした運転データの相関分析を実施し、原因分析や効果的な対応策の策定が可能であることを確認しております。

千代田は、これまで配管や機器の振動・腐食などのトラブル対応や、より効率的なオペレーションの実現のため、最先端の解析・診断・シミュレーション技術等を駆使して解決するChAS事業を展開してきました。このChAS事業に最新AI技術を付加することで、新たなオペレーション支援サービス事業へと展開していきます。

千代田は、最新のAI技術をお客様への新たなサービス提供のみならず、お客様からすでに厚い信頼を得ている千代田の高いエンジニアリング技術力およびプロジェクト遂行管理能力をさらに高度化するべく活用していきます。