language language
Global
search

制度

働きやすい職場づくり

人材育成制度

千代田グループの人材育成制度には組織・マネジメント力を強化する制度と個人のプロフェッショナル化を支援する制度があります。社員が十分に能力を発揮できる職場環境を実現するため、休暇制度や両立支援制度を整備しています。
また、従業員の自己啓発活動については、業務に関して推奨資格を定め、取得については補助制度がありバックアップを行っています。

主な両立支援制度

すべての社員
主な休日休暇 完全週休2日制(土・日)、祝日、創立記念日、メーデー、年末年始
年次有給休暇 毎年勤続年数に応じて有給休暇が付与され、半日単位で取得できます。また、付与された有給休暇が未消化の場合、次年度に繰り越すことができます。2年経過時点で未消化の場合は積立休暇に繰り入れされます。
シーズンホリデー 年3日の特別有給休暇。本人の年休7日を付加して連続10日間の取得が可能で、夏季に限らず四季を通していつでも取得できます。この休暇は、5日間ずつ2回に分けて取得することも可能です。
リフレッシュ休暇 心身ともにリフレッシュするため、勤続年数の節目(10年、20年、30年)に、連続5日の特別有給休暇が付与され、本人の年休10日を付加して連続15日間の休暇が取得できます。
ボランティア特別有給休暇 天災地変その他これに類する災害の被災地に対するボランティア活動への助成措置として、年間総計5日の特別休暇を取得できます。
配偶者帯同休職制度 従業員の配偶者が勤務先の下命等により国内外に赴任し、その赴任に従業員が帯同される場合、従業員は帯同される期間を休職することができます。(最長3年間)
再雇用支援制度 育児・介護・配偶者の国内外への赴任に伴う同居を目的とした転居により退職した従業員に対し、再雇用支援を行います。
在宅勤務制度 育児や介護、看護、障がい事由により通勤が困難な従業員は、週1日、自宅で勤務できます。
出産・育児・介護を行う社員
産前産後休暇 社員本人が出産する場合は、出産予定日の6週間(多胎の場合は14週間)前から、出産後8週間まで特別休暇を取得できます。
育児休職 男女を問わず、子どもが満2歳に達する前まで休暇できます。
子の看護休暇 子どもの看護のために、年次有給休暇とは別に年間最大5日(子が2人以上の場合は10日)を取得できます。(子どもが小学校就学の始期に達するまで)
短時間勤務
(育児)
対象となる子が小学6年生の年度末に達するまで、10:00~15:00をコア時間で6時間勤務。勤務開始、終了時間は本人が選択できます。
育児時間 1歳誕生日前日まで、1回30分を2回まで取得が可。
在宅勤務制度 育児・介護目的で1週間1回の取得が可。
積立休暇 支給された年次有給休暇のうち、40日を越える分を積立て、家族(子以外の家族も含む)の看護・介護休暇として利用可能としています。
介護休職 介護対象者1人につき通算1年間休職できます。
介護休暇 家族の看護のために、年次有給休暇とは別に年間最大5日(要介護者が2人以上の場合は10日)を取得できます。
短時間勤務(介護) 最大1年間を限度に、10:00~15:00をコア時間で6時間勤務。勤務開始、終了時間は本人が選択できます。
主な勤務時間管理
勤務時間帯の変更と夜7時消灯 創造的業務遂行や健全な生活、健康維持等を目的として勤務時間帯を8:00~16:36とし、全日19:00全社強制消灯を実施しています。
深夜勤務と休日出勤の原則禁止 従業員の健康管理を徹底するため、22時以降の深夜勤務と休日出勤は、原則禁止しています。