language language
Global
search

マネジメントシステムについて

マネジメントシステム認証

千代田は4つのマネジメントシステム認証を取得しています。

  1. OHSAS 18001:2007 (労働安全衛生マネジメントシステム)
  2. ISO 9001:2015 (品質マネジメントシステム)
  3. ISO 14001:2015 (環境マネジメントシステム)
  4. ISO/IEC 27001:2013 (情報セキュリティマネジメントシステム)

統合マネジメントシステム(労働安全衛生・品質・環境・情報)体制

当社は、環境活動に関する最高意思決定機関として経営会議の一部である「SQEI(Safety・Quality・Environment・Information Security: 労働安全衛生・品質・環境に情報セキュリティを統合)マネジメントレビュー会議」を設置し、労働安全衛生・品質・環境(SQE)基本方針を示すとともに、定期的に活動内容の見直しを掲示しています。 また、労働安全衛生マネジメント活動や環境マネジメント活動推進のために、下図のように経営トップ直轄の委員会を設置し、さらにその下に各事業拠点・活動に対応した委員会を置き、オフィス活動、研究開発活動およびEPC(設計・調達・建設)活動について、それぞれ自主的な取り組みを推進しています。

当社では、マネジメントシステムに基づき企業活動が適切に行われているかを把握するため、年度単位で内部監査を実施しています。
2013年度からは、労働安全衛生(S)、品質(Q)、環境(E)、情報セキュリティ(IS)をSQEI複合監査として同時に実施しています。恒常部場所の内部監査は書面監査と面談監査を実施しており、書面監査は全部場所を対象に毎年実施し、面談監査は全部場所を対象に3年に1回の監査頻度となるように実施しています。監査は第三者審査機関から受けた指摘事項への対応も含んでいます。

SQEIマネジメントシステムの共通要素を一本化することにより、運用上の業務負荷を最大限軽減して、より効率的なマネジメントシステムとして運用を目指しています。