社会貢献活動

 GOALS

Why

千代田グループは、より良い社会を創造するため、グローバル課題の解決に積極的に取り組んでいます。事業を通じた社会への貢献だけではなく、地域社会と一体となって社会の持続的発展に寄与していきます。

How

「全員参加型のCSR」をモットーに、地域との連携・共生を目標にして、社会の持続発展性に貢献する企業であり続けます。また、従業員がこうした活動に参加することで、社会貢献意欲を高め、業績だけでなく、社会全体に貢献できる人財を育成します。

千代田グループの2021年度社会貢献活動

地域社会との交流・連携の輪を広げ、さらなる持続可能な社会の実現へ!

教育支援・人材開発

学生の企業訪問受け入れ/出前授業
(千代田グローバル本社)


リモートで中学校2校、高校1校の企業訪問・出前授業を実施しました。

被災地支援

ゆべしの会
(国内千代田化工建設グループ)

社内で東日本大震災被災地の物産販売会を5回開催しました。

台風被災者への寄付
(千代田フィリピン)

2020年10月と11月にフィリピンを襲った大型の台風19号(コーニー)と台風22号(ヴァムコー)の被災者に約27,000フィリピンペソを寄付しました。

その他の取り組み

 ・CO2吸収量クレジットの購入(4.00t-CO2
 ・グリーンウェイブ活動*1への登録

障がい者支援

ハートメイド販売会
(国内千代田化工建設グループ)


横浜市内の障がい者地域作業所製品の社内販売会を、コロナ禍において予約販売形式にするなど工夫を凝らし、計9回開催しました。

日本フィル第九演奏会
(千代田グローバル本社)


2011年より日本フィルハーモニー交響楽団の第九演奏会に協賛しており、毎年横浜市内の視覚障がい者25組50人をご招待しています。

(横浜市社会福祉協議会より、本寄付に対する感謝状を頂きました)

環境保全

地域清掃活動
(国内千代田化工建設グループ)


11月と12月に開催された横浜みなとみらい地区での地域清掃活動に25人が参加しました。

健康・福祉への貢献

TABLE FOR TWO*2
(国内千代田化工建設グループ)

© TABLE FOR TWO
1,386食分の学校給食
を途上国の子供たちへ提供しました。

エコキャップ*3収集
(国内千代田化工建設グループ)



オフィスで収集したペットボトルキャップ178,063個が、途上国の子供207人分のポリオワクチンとなりました。

従業員へのシャトルバスサービス
(千代田フィリピン)


新型コロナウイルス感染症の拡大により、公共交通機関を利用できない261人の従業員のため、毎日シャトルバス15台を運行し、従業員の安全と健康を守っています。

医療機関等への寄贈
(インドL&T千代田)


新型コロナウイルス感染抑制のため、医療機関に酸素濃縮器15台、消毒液、手袋を寄贈しました。また。持続可能な発展のために、ヘルスセンターのデジタル化促進に向けて、コンピューター2台、プリンター1台を寄贈しました。

  • 1: 国連が定める国際生物多様性の日に、植樹などを通じて「グリーンウェイブ(緑の波)」を地球上に広げていく取り組みです。
    http://greenwave.undb.jp/index.html/
  • 2: 社員食堂で提供しているTFTメニューには20円の寄付が含まれており、その20円で途上国へ学校給食1食分が提供できます。
  • 3: オフィスで回収したペットボトルキャップ約860個でポリオワクチン一人分になり、ワクチンが途上国へ届けられます。