千代田化工建設で歩むキャリア

プロジェクトからの“いいとこ獲り”、大いにけっこう。その積み重ねが成長の糧となる。

IGLチーム 電力プラント プロジェクトマネジャー 1987年入社 工学部卒 馬場 朗

日本のエネルギー政策の将来を担う大プロジェクトへの参加で、ますます意気盛ん。

オーストラリアで進めているイクシスLNG(液化天然ガス)プロジェクトは、CHIYODAをはじめとする日米のエンジニアリング会社3社が、ジョイントベンチャー(JV)を組んで参画する国家的事業です。従来のような石油メジャーが背後に控えていたプロジェクトとは異なり、日本企業がオーナーとなり、海外からエネルギーを自国向けに調達するという初めての試みで、エネルギーの安定供給と天然ガス供給元の多様化という観点から、日本のエネルギー政策を担う最重要案件として位置づけられています。

私は、プラントに電力を供給する発電設備のプロジェクトマネジャーです。日本の将来にとって大きな意義を有するプロジェクトへの参画は、私だけではなくJV全てのメンバーのモチベーションを大いに高めています。また、いかにサブコントラクター(下請となる建設会社)を的確に管理し、彼らの意欲を向上させるかが課題だと考えています。

日本のエネルギー政策の将来を担う大プロジェクトへの参加で、ますます意気盛ん。

どんなプロジェクトにも、成長の機会はある。だから、つまらないプロジェクトはあり得ない、というのが私の結論。

私は入社以来、国内外、規模の大小、造られる製品を問わず、さまざまなプラントの建設に従事しました。入社当初は、いわゆる新規分野(薬品・食品・物流・印刷など石油化学以外の分野)における工場での生産工程を自動化する案件に携わりました(その中にはお菓子の工場もありました)。海外のプロジェクトは、入社5年目に香港向けの潤滑油プロジェクトにエンジニアとして参加したのが最初でした。その後は、中国向けのLPG(液化石油ガス)岩盤貯蔵プロジェクト、カタール向けのGTLプロジェクトのプロジェクトマネジャー代行などを経験し、2012年よりイクシスLNGプロジェクトに電力プラントのプロジェクトマネジャーとして務めて現在に至ります。これまでの海外赴任を通算すると約10年になります。

学生のみなさんの中には、海外の巨大プロジェクトに憧れる方もいると思います。それを間違っているとは言いませんが、さまざまなプロジェクトには、そのプロジェクトでしか得られない貴重な経験があります。国内の小規模なプロジェクトで、20代の若造だった私は、顧客のトップの方と直接お話をすることが多くありました。それは海外でのプロジェクトで、意思決定を行う方と折衝する際に大いに役立ちました。また新規分野では、プロジェクトの進め方を自分の判断で決めることもできました。海外の大きなプロジェクトでは、CHIYODAにこれまで蓄積された膨大なマニュアルの使い方を習得し、その重みを痛感しました。このように、どんなプロジェクトからでも、学ぶことは多くありますし、その機会を活用しない手はありません。これも私が経験から得た大切なノウハウです。

どんなプロジェクトにも、成長の機会はある。だから、つまらないプロジェクトはあり得ない、というのが私の結論。

苦労に懲りず、辛さにめげず、楽しくやっていけるのには理由がある。

プロジェクトに参加してしばらく経つと、「なんて苦しいプロジェクトなんだ。こんな辛い経験は二度とごめんだ。」と心底思います。しかしどんなに苦しくても辛くても、やがて顧客にプラントを引渡す日が来て、プロジェクトは終わり、そして次のプロジェクトが始まります。新しいプロジェクトのスタートとともに、以前の苦労などたいしたことではなかったと思えてきます。これは今でも我ながら不思議です。なぜ、そうなってしまうのか、思い当たるのは、まったく同じプロジェクトは一つもないということです。つまり、常にチャレンジが求められる要素がどこかに必ずある。だからCHIYODAの社員は失敗を引きずりません。みんな「失敗した経験を次のプロジェクトで生かせば、それでいい。」と思っています。私も失敗が怖いと感じたことは一度もありません。だから苦労や辛さを乗り越えて、楽しくやっていけるのだと思います。

苦労に懲りず、辛さにめげず、楽しくやっていけるのには理由がある。

career path

1987年
本社および現場にて食品加工センター、物流センター、印刷工場等のFEED(基本設計)業務、EPC業務担当
1992年
香港向け 潤滑油プロジェクトのプロジェクトエンジニアとして香港赴任
2000年
中国向け LPG岩盤貯蔵プロジェクトのプロジェクトマネジャー代行として中国赴任
2008年
カタール向け GTLプロジェクトのプロジェクトマネジャー代行としてカタール赴任
2013年
オーストラリア向け イクシスLNGプロジェクトの電力プラント(CCPP)におけるプロジェクトマネジャーとしてアメリカおよびオーストラリア赴任