language language
Global
search

医薬・ライフサイエンス

GMP Vector Manufacturing Plant for Tissue Engineering, Courtesy of I’ROM Group Co., Ltd./ID Pharma Co., Ltd.

熱流動シミュレーション

三次元熱流動シミュレーションを用いると、普通は見ることができない装置内の複雑な流れの状況や温度分布、濃度分布などを可視化し定量的に把握することができます。例えば、クリーンルーム内の気流の可視化によるよどみ部の少ない空調配置の検討や、培養槽のスケールアップにおける流動 / 温度分布の同等性の検証、運転条件の最適化など、対象とする機器・事象は多岐にわたります。シミュレーションにより設計の最適化や信頼性の向上が図れます。

立体自動倉庫内の気流流れ

屋上チラーからの温排気の拡散状況

細胞培養槽内の流れと溶存酸素濃度分布

特徴

熱流体解析技術(CFD:Computationnal Fluid Dynamics)はプラント/装置の設計・開発など様々な場面で広く適用されています。千代田で長年にわたって培ってきた種々のエンジニアリング技術と最先端のCFD技術の融合により、お客様の新しい価値創造に役立てています。
プラント設計、研究開発、設備診断コンサルティングへのCFD技術適用に関し長年にわたる豊富な実績を有しています。単なる解析結果の提供でなく、解決策・改善策を含めた価値の高いソリューション提供が可能です。

適用可能な範囲

  • 培養槽内攪拌翼形状/運転条件の最適化検討
  • タンク容量スケールアップに伴う攪拌槽内流れの同等性検討
  • クリーンルーム内換気状態の評価/建屋からの排気拡散状態評価
  • 動物飼育室内気流検討