language language
Global
search

人材育成

千代田グループでは、エンジニアリング事業を通じて培った知見やノウハウを活かし、顧客人材や学生の育成にも取り組んでいます。

次世代の人財育成

インターンシップや大学での講義の実施

 質の高い教育をみんなにS 働きがいも経済成長も パートナーシップで目標を達成しよう

 質の高い教育をみんなにS 働きがいも経済成長も パートナーシップで目標を達成しよう

エンジニアリング業界では人が最大の財産であり、国際競争力を高め技術イノベーションによる課題解決を図るためにも、若手技術者の発掘と育成は不可欠です。将来の産業界を担う若い世代にエンジニアリングの魅力を伝えていくことが使命です。
千代田グループでは、国内外で主に理工系を専門に学ぶ大学生や大学院生に向けて、大学と連携して様々なプログラムを提供し、学生のエンジニアリング業界との交流促進および人財の早期育成に積極的に取り組んでいます。
千代田グループでは、今後も大学と連携し、エンジニアリングの魅力を伝え、業界の認知度向上および次世代の人財育成に貢献していきます。

千代田&パブリック・ワークス社のインターンシップ生

2017年度の取り組み事例

会社取り組み
千代田化工建設 ・横浜国立大学と九州大学にて毎年「プロジェクトマネジメント講座」を実施
・インターンシップ生52名受け入れ

千代田システム
テクノロジーズ

・インターンシップ生6名受け入れ
・1dayインターンシップの実施

千代田フィリピン社

・地元の19大学で工学を学ぶ学生22名へオンザジョブトレーニングを実施
・アダムソン大学とフィリピン大学にて化学工学を学ぶ学生に向けて講義を実施

千代田&パブリック・ワークス社

・ヤンゴンの技術大学に通う学生5名をインターンシップ生として受け入れ

海外顧客向け研修の展開

働きがいも経済成長も 人や国の不平等をなくそう パートナーシップで目標を達成しよう

働きがいも経済成長も 人や国の不平等をなくそう パートナーシップで目標を達成しよう

千代田グループは、多くの海外プロジェクトの遂行とともに、関係国の人材育成にも大きく力を注いでいます。
古くは1976年のサウジアラビア王国からの学生の受け入れ研修に始まり、ナイジェリア連邦共和国では、1978年の顧客研修と現地での技能研修、1982年からは社外団体からの協力研修を実施しています。
海外顧客向研修は関係国内外で高い評価を得ており、最近では2010年度より開始されましたアラブ首長国連邦、2012年度から開始のカタール国を始め、サウジアラビア王国、大韓民国、モザンビーク共和国、イラン・イスラム共和国と年々研修対象国が増加しています。海外顧客研修は日本国内で実施する研修と、顧客国に講師を派遣して実施する研修とがありますが、2017年度の海外顧客研修受講者数は両者で85名を数えます。日本国内での研修では日本の文化に触れる機会も一部組み込んでいます。技術の伝承と文化の交流を通じ、プラント建設国の産業と技術革新の基盤づくりと人材育成に協力しています。

研修風景

モザンビーク共和国 ENH社と覚書締結

 質の高い教育をみんなにS 働きがいも経済成長も パートナーシップで目標を達成しよう

 質の高い教育をみんなにS 働きがいも経済成長も パートナーシップで目標を達成しよう

当社はLNGを始め各種プラント建設の豊富な実績を活かし、数百名にわたる世界中のエンジニアに技術研修を提供してきました。その一環として、モザンビーク共和国の人財育成支援を目的に、ENH社(モザンビーク国営炭化水素公社)と覚書を締結しました。持続的な社会の実現のため、グローバル・パートナーシップを活性化し、諸外国のさらなる持続的な発展に貢献していきます。

覚書を交わす佐原副社長