language language
Global
search

人材育成

千代田グループでは、エンジニアリング事業を通じて培った知見やノウハウを活かし、顧客人材の育成にも取り組んでいます。

テクノロジートランスファーによる質の高い人材育成
海外顧客向け研修の展開

働きがいも経済成長も 人や国の不平等をなくそう パートナーシップで目標を達成しよう

働きがいも経済成長も 人や国の不平等をなくそう パートナーシップで目標を達成しよう

千代田グループは、多くの海外プロジェクトの遂行とともに、関係国の人材育成にも大きく力を注いでいます。
古くは1976年のサウジアラビア王国からの学生の受け入れ研修に始まり、ナイジェリア連邦共和国では、1978年の顧客研修と現地での技能研修、1982年からは社外団体からの協力研修を実施しています。
海外顧客向研修は関係国内外で高い評価を得ており、最近では2010年度より開始されましたアラブ首長国連邦、2012年度から開始のカタール国を始め、サウジアラビア王国、大韓民国、モザンビーク共和国、イラン・イスラム共和国と年々研修対象国が増加しています。海外顧客研修は日本国内で実施する研修と、顧客国に講師を派遣して実施する研修とがありますが、2016年度の海外顧客研修受講者数は両者で73名を数えます。日本国内での研修では日本の文化に触れる機会も一部組み込んでいます。技術の伝承と文化の交流を通じ、プラント建設国の産業と技術革新の基盤づくりと人材育成に協力しています。

研修風景

産業基盤の確立を目指した人材育成
マスダール科学技術大学院大学(MIST)インターンシップ受入事業

質の高い教育をみんなに

質の高い教育をみんなにS

経済産業省資源エネルギー庁の補助金事業により、2012年からUAEのマスダール科学技術大学院大学(Masdar Institute of Science and Technology、以下MIST)インターンシップ事業を一般財団法人日本国際協力センター(JICE)が本邦側窓口となり、日本とUAEの二国間の友好・連携強化を構築することを目的に開始しました。再生可能エネルギー、スマートコミュニティ一等の分野において日本企業がMISTのUAE国籍の学生を毎年受け入れ日本企業とMISTとの関係強化を構築しつつ、2016年度で5年目を迎えます。当社は5年間連続して合計8名の大学院生をインターンシップとして受け入れ、毎年約1ヶ月半程プロジェクト開発事業本部を中心に各本部で座学研修や現場の視察を行なってきました。日本政府とも一体となって、技術の伝承や人材育成に取り組んでいます。

マスダール科学技術大学院大学の学生と関係者及び受入企業担当者

九州大学と横浜国立大学でのプロジェクトマネジメント講座開講

質の高い教育をみんなに 産業と技術革新の基盤を作ろう

質の高い教育をみんなにS 産業と技術革新の基盤を作ろう

当社は毎年、一般財団法人エンジニアリング協会の委託を受け、産学人材開発及び学生へのエンジニアリング業界の認知度向上の一環として、九州大学総合理工学府大学院と横浜国立大学理工学部修士課程で「プロジェクトマネジメント講座」を開講しています。2016年4月~7月、当社社員が九州大学と横浜国大の学生に自身の経験に基づく講義を実施しました。本講座は両大学から「現役エンジニアによる貴重な授業」と高く評価されており、エンジニアリング業界への理解を深めることに役立っています。当社の価値向上と同時に学生の早期育成にも取り組んでいます。

横浜国立大学の学生への講義の様子

カタール国家ビジョン2030に沿ったChiyoda-Almanaの多様化する人材開発

質の高い教育をみんなに

質の高い教育をみんなにS

海外グループ会社でも、様々な人材開発を行っています。Chiyoda-Almanaでは、カタール国家ビジョン2030で特に重点項目として掲げられた人材育成について、国家とともに多様化する人材の育成、キャリア開発をサポートしています。
2016年、ハイドロカーボン処理技術分野の様々な学習機会の提供や、専門分野の経験を豊かにすることを目標に、Chiyoda-AlmanaはCGHと共同で、RasGas社とQatargas社のエンジニア向けに技術のトレーニングプログラムを実施しました。2016年11月2日と3日にはQatargasの若手カタールのエンジニア向けに、LNGプラント運転に必要なエンジニアリング分野の概要を紹介しました。地域社会の人材育成にも積極的に関わり、共に発展していきます。

Brownfield Management Masterclassに参加したQatargas社の技術者