language language
Global
search

従業員とともに

エンジニアリング会社にとって、人材は財産です。
世界レベルで戦う企業力をより強化するために、千代田グループではさまざまな教育研修をグローバルに実施すると同時に、企業価値向上にむけ財産である人材育成の強化に取り組んでいます。

グローバル遂行体制と技術伝承

Paku Gajah Development Project 完工

エネルギーをみんなにそしてクリーンに 産業と技術革新の基盤を作ろう パートナーシップで目標を達成しよう

エネルギーをみんなにそしてクリーンに 産業と技術革新の基盤を作ろう パートナーシップで目標を達成しよう

インドネシア千代田グループ企業であるSAE (PT. Suluh Ardhi Engineering)と CII (PT. Chiyoda International Indonesia)の2社でコンソーシアムを形成し、インドネシア国営PT. Pertamina EP向けガス処理プロジェクトで受注し、地産地消体制で2017年度にProjectの完工に至りました。
本案件は、顧客においてインドネシア国内需要向けガス開発重要プロジェクトとして位置付けられており、陸の孤島ともいわれる南スマトラのPakugajah/Kuang 2地区においてガス処理設備およびそれらをつなぐパイプラインを建設するプロジェクトです。
コンソーシアムリーダーであるSAEによって、主要Project Key Personnelをはじめローカルエンジニア主導の遂行体制としつつ、グローバル本社(CGH)より女性プロジェクトエンジニアを起用し、資材調達・高度脈動解析などはCGHおよび各グローバルオフィスが協力し、CGHが通常実施している取り組みを現地業者とも推進しました。加えて、CGHからの配管エンジニアの指導の元、SAEでは経験の無い3Dモデルによる設計管理・調整手法を取り入れることで全体行程の大幅短縮を果たすことができました。
また、初めてのCGHとSAEの協業EPCプロジェトでしたが、現地への技術伝承の効果も大きく、ローカルマーケットにおけるグループ企業の技術基盤の構築にも貢献したプロジェクトとなりました。業務以外でも、日本とインドネシアの友好イベントであるジャカルタ「絆」駅伝にも現地のメンバーとチームを作り、参加しました。こういったチームビルディングも多様性に富んだグループオペレーションを円滑に進めることができた大きな要因です。
今後も現地での技術の伝承にとどまらず、グループ企業と一体となり、この経験を礎にインドネシアでのエネルギー供給へ参画していきます。

インドネシアでの打ち合わせ風景

従業員の声

SAE出向 下鳥 翔子

本プロジェクトではDeputy Project Manager、Deputy Engineering Mangerを兼務し、設計から現場工事まで担当しました。これまでいくつかのEPCプロジェクトのプロジェクトエンジニアを担当してきましたが、PKP*の立場でプロジェクトに参画するのは今回が初めてで、今回は責任ある立場を任され、多くの価値ある経験を積むことができました。
このプロジェクトを通して、改めて男女それぞれに個性としての強みがあり、それを活かすことで現地主導の意識向上を引き出したプロジェクトの成功に、小さいながらも貢献できたと思います。
当社でも女性のプロジェクトエンジニアは未だ多くはありませんが、これを機に今後の女性のPKP起用の増加に繋がればと思います。

* Project Key Personの略。プロジェクトチームの主要役職

働きやすい職場づくり

人材育成制度

千代田グループの人材育成制度には組織・マネジメント力を強化する制度と個人のプロフェッショナル化を支援する制度があります。社員が十分に能力を発揮できる職場環境を実現するため、休暇制度や両立支援制度を整備しています。
また、従業員の自己啓発活動については、業務に関して推奨資格を定め、取得については補助制度がありバックアップを行っています。

主な両立支援制度

すべての社員
主な休日休暇 完全週休2日制(土・日)、祝日、創立記念日、メーデー、年末年始
年次有給休暇 毎年勤続年数に応じて有給休暇が付与され、半日単位で取得できます。また、付与された有給休暇が未消化の場合、次年度に繰り越すことができます。
シーズンホリデー 年3日の特別有給休暇。本人の年休7日を付加して連続10日間の取得が可能で、夏季に限らず四季を通していつでも取得できます。この休暇は、5日間ずつ2回に分けて取得することも可能です。
アニバーサリーホリデー 本人や子供の誕生日あるいは結婚記念日など、本人や家族にとっての記念日を年休取得の機会としています。
リフレッシュ休暇 心身ともにリフレッシュするため、勤続年数の節目(10年、20年、30年)に、連続5日の特別有給休暇が付与され、本人の年休10日を付加して連続15日間の休暇が取得できます。
ボランティア特別有給休暇 天災地変その他これに類する災害の被災地に対するボランティア活動への助成措置として、年間総計5日の特別休暇を取得できます。
配偶者帯同休職制度 従業員同士が婚姻関係にあり、会社の下命により国内外に赴任する従業員の配偶者は、帯同される期間を休職することができます。(最長3年間)
再雇用支援制度 育児・介護・配偶者の国内外への赴任に伴う同居を目的とした転居により退職した従業員に対し、再雇用支援を行います。
在宅勤務制度 育児や介護、看護、障がい事由により通勤が困難な従業員は、週1日、自宅で勤務できます。
出産・育児を行う社員
産前産後休暇 社員本人が出産する場合は、出産予定日の6週間(多胎の場合は14週間)前から、出産後8週間まで特別休暇を取得できます。
育児休職 男女を問わず、子どもが満2歳に達する前まで休暇できます。
短時間勤務 1日最大1時間半まで勤務時間を短縮できます。(子どもが小学校6年生の年度末まで)
子の介護休暇 子どもの看護のために、年次有給休暇とは別に年間最大5日(子が2人以上の場合は10日)を取得できます。(子どもが小学校就学の始期に達するまで)
介護を行う社員
介護休職 介護対象者1人につき通算1年間休職できます。
介護休暇 家族の看護のために、年次有給休暇とは別に年間最大5日(要介護者が2人以上の場合は10日)を取得できます。
短時間勤務 1日最大1時間半まで勤務時間を短縮できます。
主な勤務時間管理
勤務時間帯の変更と夜8時消灯 創造的業務遂行や健全な生活、健康維持等を目的として勤務時間帯を8:00~16:36とし、全日20:00全社強制消灯を実施しています。
深夜勤務と日曜出勤の原則禁止 従業員の健康管理を徹底するため、22時以降の深夜勤務と日曜出勤は、原則禁止しています。

安全文化醸成への取り組み

Virtual Realityを使用したリスク・危険体験

 すべての人に健康と福祉を 住み続けられる街づくりを

 すべての人に健康と福祉を 住み続けられる街づくりを

安全は当社のコアバリューです。安全に行動することは自身のためのみならず、一緒に働く同僚、ひいては家族全員の安全にもつながります。当社では事故の原因となる不安全行動・不安全状態を減らすべく、2017年度に社員の安全意識の向上を目的としたVirtual Reality(VR)を使用した危険体験教育を導入しました。
本体験教育は、現場・オフィス問わず、様々な場所で日々の業務・生活において安全を意識できるよう全社員を対象に実施しており、2017年度は経営陣を始めとした約260名が参加しました。2018年度は国内・海外現場に機器を持ち込んで実施することも検討しています。
今後はさらに対象を広げ、千代田グループ従業員、顧客、取引先と共に現場・オフィス一丸となって安全文化の醸成に取り組み、無事故・無災害達成へとつなげられるよう努力していきます。