language language
Global
search

内部通報制度について

コンプライアンス相談・通報制度

コンプライアンス相談・通報制度 (千代田グループでは「コンプラ何でも相談室」と称しています) は、組織的又は個人による違法行為、反倫理的行為に関する相談や通報を適切に処理する仕組みを定めることにより、逸脱行動などの早期発見、その是正や防止を図ることを目的としています。
「コンプラ何でも相談室」は、当社および、国内グループ会社8社、海外グループ会社16社で導入しており、社外受付窓口として国内と海外の弁護士事務所を指定し、また女性の職場担当窓口も設置し、社員のみならず全ての取引場関係者の利用へと開かれており、通報者の保護に万全の配慮をしながら制度運営しています。

2016年度の通報実績は以下の通りです。いずれも通報に関して会社が取った措置については通報者にフィードバックされています。

横にスクロールしてご覧いただけます。

2015年度2016年度
法令違反・贈賄(腐敗Corruption) 0件 0件
パワハラ(相談・取下げ、を含む) 4件 8件
セクハラ 5件 1件
労務(職場コミュニケーション)・就業モラル・オフィスマナー 6件 11件
その他(単なる相談、誤解、等) 9件 4件
22件 24件

(千代田化工建設株式会社に寄せされた通報件数のみで、各グループ会社への通報件数は含まれておりません。)
2016年度は、法令違反等はありませんでした。
逸脱行為に対する懲戒は、その程度に応じ就業規則等に基づき判断されます。