language language
Global
search

品質

千代田グループは、「持続可能な社会の発展」に貢献するという事業活動の原点を認識し、多くの技術を統合することにより、顧客要求事項を具体化した製品とサービスを確実に顧客へと提供することを使命としています。

また、国際規格に適合した品質規格を定め(QMS:Quality Management System)、着実な運用を行うことで、業務品質の維持・向上及び継続的な改善を実現することにより、顧客の満足度向上を目指しています。

PDCAサイクルによる顧客満足に重点をおいた品質への取り組み

顧客満足の第一歩は、日常業務から・・・作成した成果物を受け取った社内の組織または人(社内顧客)に対して最適なインプットとなるよう成果物を作成することが、受け取った側に満足を与え最終的には契約上の顧客の満足につながる。 「受け取る人を満足させよう!」と常に意識しながらの業務遂行を実施しています。
お客様から直接の声を品質の維持・向上に反映すべく(フィードバック)、顧客満足/要望/苦情等の情報を収集・分析するなど、地道な改善努力を続けています。

QM/QC/QAの概念

顧客重視と改善に焦点をあて、顧客要求事項を満たす製品を一貫して提供する業務の最適化(= Quality Management)を図り、不適合製品を作らないための仕組み並びに手順作りを実施(= Quality Assurance)し、不適合製品を出荷しない(= Quality Control)概念図は以下のとおりとなります。

QMS(ISO9001)

当社は、1994年にプロジェクトマネジメント分野でISO9001:1994(品質マネジメントの国際規格)の認証を受け、現在はISO9001:2008の認証を維持しISO9001:2015への移行を進めています。認証機関の審査を受けることで、当社の品質マネジメントシステム(QMS)を俯瞰してもらい、業務遂行の改善に役立てています。当社の品質活動は、労働安全衛生・品質・環境(SQE)基本方針のもと、「顧客満足向上」を目的として展開され、経営計画と一体となった品質目標の確実な運用を実施しています。

また2017年4月現在、社内にIRCA(国際審査員登録機構)認証のQMS審査員15名を登録しており、大型海外プロジェクトを中心に国内プロジェクト、恒常業務の品質マネジメント(QM)支援を遂行しています。

継続的改善

当社はより高い顧客要求を満足すべくマネジメントシステムを構築し、維持・管理、運用しながら、改善を意識した様々なアクションを展開しています。

  1. 中期経営計画に則った「運営計画」(品質目標)を本部ごとに定め、年度末に評価を行い、未達の項目があれば改善項目として次年度の「運営計画」に継承することで継続して品質向上を図っています。
  2. 労働安全衛生・品質・環境・情報セキュリティ基本方針の確立、品質目標の策定、内部監査/品質パフォーマンスデータ分析 / 是正処置 / 予防処置 / マネジメントレビュー等を通じて、また顧客満足度・製品要求事項への適合性をモニターして、各業務プロセスにおいて計画どおりの結果が達成できるように修正しながらQMSの有効性を継続的に改善しています
  3. 毎年全部場所を対象に内部監査を展開し、QMSの適切な維持・管理がされているか検証し、改善事項をいち早く見つけ適切な業務遂行に役立てています。
  4. 組織の隅々までQMSへの意識を浸透するように、毎年複数名の内部監査員を育成し、当社のQMSに直接的な関与をすることで顧客満足の向上に継続的に努めています。