language language
Global
search

CSR/サステナビリティ推進体制

当社では、2018年4月より、新たにチーフ・オフィサー制度を本格的に導入し、CSR/サステナビリティ活動全般を管掌するために取締役会の決議により、経営企画本部本部長をチーフ・サステナビリティ・オフィサーに任命しました。
CSR活動全般の推進組織としては「IR・広報・CSR部」をコーポレート管理本部内に設置しており、経営企画本部とも連携し、経営とCSR/サステナビリティを統合させながら取り組んでいます。また、グループ全体の推進組織として「グループCSR連絡会」を設置しています。
CSR活動の重要テーマであるコンプライアンスに関する業務については、「法務・コンプライアンス部」を専任組織として同じくコーポレート管理本部に設置し、各々、国内外のグループ企業との連携を図るとともに、経営会議直轄委員会である「コンプライアンス委員会」や「輸出関連法規遵守委員会」、国内外グループ企業も含めた推進組織として「グループコンプライアンス連絡会」を設置して、コンプライアンス活動のさらなる充実に努めています。
なお、CSR活動を率先して支援する制度として、社内有志によるCSR活動参画を業務として会社が認定する「CSR推進スタッフ」の登録制度も活用しています。

* グループCSR連絡会とは
本連絡会は、千代田化工建設株式会社及び国内グループ会社で推進するCSR活動について、社内外の情報共有を図るとともにCSRの各テーマについて協議することを目的とする。本連絡会の事務局は、IR・広報・CSR部とする。

<協議事項の例>

  1. CSR活動の年度計画策定、実績取り纏め
  2. 社会貢献活動、環境関連活動の推進
  3. 国連グローバル・コンパクト10原則とSDGs等グローバル基準のグループ推進